メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海外産豚肉

売り込め 商社がブランド化競う 飼料や交配工夫、高品質で低価格

伊藤忠商事はハイライフポークを使った料理を提供するレストランを東京・代官山に出店し、PRしている=東京都渋谷区で2018年2月6日午後1時0分、小川祐希撮影

 大手商社が海外産豚肉をブランド化し、販売に力を入れている。エサの配合や交配を工夫し、品質管理も徹底することで、高い肉質と安全性を確保。国産より低価格であることも武器に、売り込みを強めている。【小川祐希】

 伊藤忠商事は、49・9%出資するカナダのハイライフ社がマニトバ州で生産している豚肉を輸入し、関連会社のプリマハムと共に「ハイライフポーク」として展開している。3種類の豚の品種を掛け合わせた「三元豚」に、オレガノやシナモンといったハーブをエサに配合して出荷直前の2カ月間与えることで、臭みを抑え、うまみやコクを増している。

 伊藤忠はハイライフ社の社員に豚しゃぶなど日本流の食べ方を理解してもらい、薄切りにしてもおいしくて見…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1033文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」
  5. 会見 麻生氏「飲み倒した人の医療費、払うのあほらしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです