メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

国会承認 参加国協調に課題

 米国を除く11カ国が参加する環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が13日、参院本会議で与党などの賛成多数で承認された。TPP発効には参加6カ国以上が国内手続きを終える必要があり、政府は畜産農家の経営安定対策などを定めた関連法も今国会中に成立させ、早期発効に弾みをつけたい考えだ。発効すれば、世界全体の国内総生産(GDP)の約14%を占める自由貿易圏が誕生する。

 11カ国のうち、メキシコは既に国内手続きを終えており、ニュージーランドやオーストラリアが議会手続き…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文505文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです