メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2月に死刑廃止を訴える集会に出席後、姉秀子さん(左)と会場を後にする袴田さん。再審の可否の判断は最高裁に移ることになる=東京都千代田区で2018年2月24日、小川昌宏撮影

 「拘置をこれ以上継続することは、耐えがたいほど正義に反する」。2014年に袴田巌元被告(82)の再審開始を認めた静岡地裁は死刑停止と釈放を同時に認める決定を出した。再審確定前の死刑囚の釈放は戦後初めてで、元検察幹部は「あり得ないと思った」と振り返る。逆に、日本弁護士連合会で死刑廃止運動に取り組む小川原優之弁護士(64)は「誤判による死刑執行の恐れは現実的」との思いを強くした。

 日弁連は16年、「冤罪(えんざい)による処刑を避けることはできない」などとして袴田事件を例示した上…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1082文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです