メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉県内で1人暮らしを初めて3年目。空手部の活動や飲食店のアルバイトにも励む西村海飛さん=埼玉県宮代町で

 親への感謝の気持ちを、困難な状況で生きる子供たちの支援につなげる毎日新聞の「母の日・父の日募金キャンペーン」。今回は、5歳の時に父を亡くし、自身と似た境遇の子供たちを支援するため、「あしなが学生募金」の活動に取り組む日本工業大3年の西村海飛(かいと)さん(20)を紹介する。

 ●5歳の時、父他界

 亡き父は、「海飛」という名前に「大海のような広い心で、世の中に羽ばたいていけるように」と思いを込めた。西村さんは「あしなが育英会」の支援を受けた奨学生らで組織する「あしなが学生募金事務局」の一員だ。「親を亡くした子供たちに進学や夢を追う機会をあきらめないでほしい」との思いで、街頭募金活動を支えている。

 西村さんは静岡県富士宮市で3人兄弟の末っ子として生まれた。父は、ゴルフ場のレストランのコックだった…

この記事は有料記事です。

残り1886文字(全文2236文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  3. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  4. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  5. WEB CARTOP 高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです