メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

鬼界カルデラに最大級溶岩ドーム 被害桁違い、破局的噴火

 中米グアテマラのフエゴ山やハワイのキラウエア火山が噴火し、大きな被害が出ている。だが地球史上では、これらをはるかに上回る規模の「破局的噴火」が何度も起きた。ひとたび起きれば文明を滅ぼしかねない破局的噴火とは、どんなものなのか。【池田知広】

 ●噴煙、成層圏越え

 今年2月、鹿児島県薩摩半島沖の「鬼界(きかい)カルデラ」で世界最大級の溶岩ドームを確認したと、神戸大チームが発表した。調査にはタレントの滝沢秀明さんが参加し、話題になった。鬼界カルデラは直径約20キロの海底のくぼ地で、7300年前に破局的噴火が起きた。これが国内で起きた最後の破局的噴火とされるが、巨大溶岩ドームの成長は新たなマグマの供給を意味し、次に向けた準備が進んでいる可能性がある。

 破局的噴火の厳密な定義はないが、火山灰や溶岩などの噴出物の量や噴煙の高さによって噴火の規模を0~8の9段階に分ける「火山爆発指数」(VEI)のうち、7以上を指すことが多い。1991年の雲仙・普賢岳(長崎県)の噴火など大規模噴火とされるVEI4の噴出量は0・1立方キロ超。これに対し、VEI7は100立方キロを超え、桁違いの超巨大噴火になる。7300年前の鬼界カルデラの噴火の噴出量は170立方キロ以…

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1755文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです