メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇宙予算

効率化し拡充を 山川宏JAXA理事長に聞く

=玉城達郎撮影

 4月に就任した山川宏・宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長(52)が、毎日新聞のインタビューに応じた。約3300億円ある宇宙関連予算について、費用対効果を重視しながら拡充を目指す考えを示す一方、米国主導の有人月探査計画で日本人宇宙飛行士を月に送るかどうかは明言しなかった。【聞き手・酒造唯】

 --内閣府宇宙政策委員会の委員時代は宇宙予算の効率化を主張してきましたが、考えは変わりませんか。

 JAXA理事長になり、まさにそれが自分自身に返ってきている状況だが、考えは変わらない。例えば年間4…

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1158文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです