宇宙予算

効率化し拡充を 山川宏JAXA理事長に聞く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=玉城達郎撮影
=玉城達郎撮影

 4月に就任した山川宏・宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長(52)が、毎日新聞のインタビューに応じた。約3300億円ある宇宙関連予算について、費用対効果を重視しながら拡充を目指す考えを示す一方、米国主導の有人月探査計画で日本人宇宙飛行士を月に送るかどうかは明言しなかった。【聞き手・酒造唯】

 --内閣府宇宙政策委員会の委員時代は宇宙予算の効率化を主張してきましたが、考えは変わりませんか。

 JAXA理事長になり、まさにそれが自分自身に返ってきている状況だが、考えは変わらない。例えば年間400億円を投じる国際宇宙ステーション(ISS)は、もっとコストパフォーマンスを上げないと国民の理解が得られないと思う。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1158文字)

あわせて読みたい

注目の特集