メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 今夜開幕 いざ最高峰の熱戦へ 雪辱期すブラジル/ドイツ経験値高く/個のアルゼンチン

 <Russia 2018 WorldCup>

     【モスクワ大谷津統一】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日、モスクワ・ルジニキ競技場で行われる1次リーグA組のロシア-サウジアラビア戦で開幕する。32チームが参加する大会は、攻守に充実し6度目の優勝を狙うブラジル、前回2014年ブラジル大会の王者ドイツ、前回準優勝のアルゼンチンなどが優勝を争いそうだ。

    親善試合に快勝し、復活を印象づけたブラジル・ネイマール(中央)=ロイター

     優勝候補の筆頭はE組のブラジルだ。今月10日のオーストリアとの国際親善試合に3-0で圧勝。2月に右足を負傷したエースのネイマールが3日のクロアチア戦に続いてゴールを奪い、復活を印象づけた。前線に並ぶコウチーニョ、ガブリエルジェズスらも好調を維持する。南米予選の途中から指揮を執るチチ監督は攻守の切り替えの早い戦術を徹底し、自国開催だった前回大会の準決勝でドイツに1-7で屈した雪辱を期す。

    サウジアラビアに辛勝し、今年初の白星を挙げたドイツの選手ら=AP

     連覇が懸かるF組のドイツは今月2日の親善試合でオーストリアに逆転負けを喫し、8日にはサウジアラビアに2-1で辛勝して今年の初白星を挙げた。ただ、フンメルス、ボアテングらが果敢にプレッシャーをかける守備は堅く、攻撃陣にはミュラー、クロースら前回の優勝を知る経験値の高い選手がそろう。左足の負傷が続いたGKノイアーが復帰したことも好材料だ。

    キャンプ地で笑顔を見せるアルゼンチンのメッシ(中央)=AP

     D組のアルゼンチンはアタッカーの層が厚い。個人技で局面を打開できるメッシと連係するセンターFWは、アグエロかイグアイン。イタリア1部リーグ(セリエA)得点王のイカルディはメンバーから外れた。波のある守備に安定感が出れば上位進出を狙える。

     B組のスペインはセルヒオラモス、ピケら守備ラインにレアル・マドリード、バルセロナの国内2大クラブの主力が並ぶ。中盤も神戸入りが決まったイニエスタ、イスコら技術の高い選手が多い。同組のポルトガルは初優勝した16年欧州選手権のメンバーが中心で、エースのロナルドは得点王レースを引っ張れるか。C組のフランスも19歳のエムバペらのスピードあふれる攻めが魅力だ。

     台風の目となるのは人口約33万人の島国ながら身体能力に優れた選手が多い初出場のアイスランド、前回8強に躍進したコスタリカなどか。ロシアは旧ソ連時代の1986年大会以来の決勝トーナメント進出を目指す。過去に開催国が1次リーグで敗退した例は10年大会の南アフリカしかない。2大会ぶりの16強入りが目標の日本はコロンビアとの初戦が鍵になる。


    最近のW杯の成績

         2006年  2010年  2014年

         ドイツ    南アフリカ  ブラジル

    優勝   イタリア   スペイン   ドイツ

    2位   フランス   オランダ   アルゼンチン

    3位   ドイツ    ドイツ    オランダ

    4位   ポルトガル  ウルグアイ  ブラジル

    ベスト8 ブラジル   アルゼンチン コロンビア

         アルゼンチン ブラジル   ベルギー

         イングランド ガーナ    フランス

         ウクライナ  パラグアイ  コスタリカ


     ◆記録アラカルト

     《チーム記録》

    優勝回数

    5回 ブラジル(1958、62、70、94、2002年)

    4回 ドイツ(1954、74、90、2014年)

       イタリア(1934、38、82、2006年)

    2回 アルゼンチン(1978、86年)

       ウルグアイ(1930、50年)

    最多大会連覇

    2回 イタリア(1934、38年)

       ブラジル(1958、62年)

     ※今大会でドイツが優勝すれば史上3チーム目の連覇

    チームの大会通算得点

    224点 ドイツ

    221点 ブラジル

    1試合最多得点チーム

    10点 ハンガリー 1982年エルサルバドル戦

    両チーム1試合最多得点

    12点 オーストリア7-5スイス 1954年

     《個人記録》

    最多大会出場

    5大会 カルバハル(メキシコ) 1950~66年

        マテウス(ドイツ) 1982~98年

     ※現在4大会のマルケス(メキシコ)が今大会で出場すれば並ぶ

    最多試合出場

    25試合 マテウス(ドイツ) 1982~98年

    最年長出場

    43歳3日 モンドラゴン(コロンビア) 2014年日本戦

    最年少出場

    17歳41日 ホワイトサイド(北アイルランド) 1982年ユーゴスラビア戦

    通算得点

    16点 クローゼ(ドイツ) 2002~14年

    15点 ロナウド(ブラジル) 1998~2006年

    14点 ミュラー(西ドイツ) 1970~74年

     ※今大会登録選手では10点のミュラー(ドイツ)が最多

    試合開始からの最速得点

    11秒 ハカンシュキュル(トルコ) 2002年韓国戦

    途中出場からの最速得点

    16秒 モラレス(ウルグアイ) 2002年セネガル戦

    ゴールキーパーの最多完封試合数

    10試合 シルトン(イングランド) 1982~90年

         バルテズ(フランス) 1998~2006年

     ※今大会登録選手では7試合のノイアー(ドイツ)が最多

    ゴールキーパーの連続無失点時間

    517分 ゼンガ(イタリア) 1990年

     ※ドイツは90年までの西ドイツを含む

    関連記事

    毎日新聞のアカウント
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]