メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアの記憶・経験者が語る

サッカー/下 国土広大、時差に苦戦 巻誠一郎(37)=J2熊本・FW

サッカーW杯ドイツ大会ブラジル戦の前半、ヘディングで競り合う巻=2006年6月、竹内幹撮影

 海外でのプレーを志した契機は、屈辱的な大敗にある。

 2006年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で、腰痛の久保竜彦に代わり日本代表に「サプライズ」で滑り込んだ。ブラジルとの1次リーグに先発したが1-4で敗れ、大会を去った。判断やプレーの速さで圧倒され「Jリーグで普通にプレーしていては差が埋まらない」と痛感した。その半面、オシム監督の下で成長を遂げた千葉(当時J1)への愛着は深く、W杯後も「日本で自分を成長させたい」と海外からのオファーを断った。

 再び海外移籍を考えたのは30歳を目前にした10年7月。J2に降格していた千葉から来季の契約を結ばな…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1004文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  3. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  4. 初の高校eスポーツ選手権、華々しく開幕 好プレーに歓声
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです