メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学野球

全日本選手権 東洋大、初戦敗退

 全日本大学野球選手権は第3日の13日、神宮球場などで2回戦6試合を行った。8強が出そろい、慶大(東京六)や初出場の宮崎産業経営大(九州南)などが駒を進めた。優勝候補の東洋大(東都)はコールドで初戦敗退した。

 慶大は、11-0で苫小牧駒大(北海道)を五回コールドで降した。九産大(福岡六)は横田(4年・大牟田)の2本塁打の活躍で、10-3で東洋大に七回コールド勝ちした。白鴎大(関甲新)は3-1で中京大(愛知)を振りきり、初の8強進出。宮崎産業経営大は、3-1で福井工大(北陸)を破り、徳山大(中国)、東日本国際大(南東北)も準々決勝に進んだ。

 14日に神宮球場で行われる準々決勝は、東北福祉大(仙台六)-白鴎大▽東日本国際大-慶大▽国際武道大…

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  3. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです