連載

「18歳成人」に思う

大人と子どもの線引きを「18歳」とする民法改正案が国会で議論されている。各界の識者らの声を紹介する。

連載一覧

「18歳成人」に思う

自立支える仕組みを 明治学院大准教授・元森絵里子さん(41)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 多くの国が成人年齢を18歳としており、現代の日本に20歳を維持する強い理由は見当たりません。飲酒は20歳未満禁止が維持されることになりますが米国は21歳解禁ですし、欧州は18歳解禁が多いものの世界保健機関は引き上げを提案しています。健康増進が定着する中、飲酒を成人年齢とずらしてでも据え置くのは理解できます。

 学校を出て終身雇用に入り、結婚して子をもうけるという一昔前の自立モデルは揺らぎ、現代は大人になることのメルクマール(指標)があやふやになっています。成人年齢の問題は、保護され依存する「子ども」と権利と責任を持つ「大人」の線をどこに引くかという議論になりがちですが、若者に早くから権利と責任を与えつつ、一人前への緩やかな移行を社会で支えていく仕組みを同時に整えることが重要です。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文667文字)

あわせて読みたい

注目の特集