メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株

続落、119ドル安 利上げペース加速を懸念

ニューヨーク証券取引所のトレーダー=AP共同

 13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比119.53ドル安の2万5201.20ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースの加速方針を受けて、金利上昇が景気を冷やすと意識され、相場を押し下げた。

     FRBが年内の利上げ回数の予想を従来のあと1回から2回に引き上げ、米長期金利が上昇した。金利上昇が企業収益や家計を圧迫するとの懸念が広がり、幅広い銘柄で売り注文が広がった。

     ハイテク株主体のナスダック総合指数は8.09ポイント安の7695.70と4営業日ぶりに反落した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
    2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
    3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
    4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
    5. EU 対米報復関税発動 総額3600億円規模

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]