メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米韓外相会談

非核化の対応「違いは全くない」

河野太郎外相=川田雅浩撮影

 【ソウル光田宗義】河野太郎外相は14日午前、ポンペオ米国務長官、韓国の康京和(カンギョンファ)外相とソウルの韓国外務省で会談した。ポンペオ氏は12日の米朝首脳会談の内容を日韓外相に報告。会談後の共同記者会見で「北朝鮮の非核化にどう対応するかで(日米韓3カ国に)違いは全くない」と強調した。河野氏は「(米朝共同声明は)重要なプロセスの始まりでしかない。拉致、核・ミサイル問題の包括的解決を目指し、米韓と連携する」と語った。

     日米韓3カ国は北朝鮮の「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」を求めているが、12日の米朝共同声明には「検証可能」や「不可逆的」の表現は盛り込まれなかった。3カ国は外相会談を通じ、核を含む大量破壊兵器や弾道ミサイルの廃棄に向けた具体策を共有し、北朝鮮に行動を求める方針だ。

     北朝鮮は、措置を取るごとに見返りを求める「段階的非核化」の主張を強めており、日米韓は非核化の先延ばしを懸念。非核化の期限も今後の論点となる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    3. 大阪震度6弱 安倍首相、21日に被災地視察
    4. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
    5. カナダ 地下鉄ホームから突き落とされ死亡 日本人男性か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]