メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行方不明

認知症が原因 昨年1万5863人 5年連続増

認知症の行方不明者数の推移

 昨年1年間に全国の警察に届け出があった行方不明者のうち、認知症が原因だった人は1万5863人(前年比431人増)で、統計を取り始めた2012年以降、5年連続で最多を更新したことが14日、警察庁のまとめで明らかになった。不明者全体が8万人台で横ばいで推移する中、認知症の人が占める割合も12年に比べて約7ポイント上昇し、18.7%に上った。

 同庁によると、昨年の認知症の不明者は男性8851人、女性7012人だった。都道府県別の届け出数は大阪の1801人が最多で、埼玉1734人▽兵庫1396人▽愛知1341人▽東京1284人と続いた。最も少なかったのは島根の38人だった。

 一昨年以前の届け出を含めて、昨年中に無事が確認できた認知症の不明者は1万5166人。確認されるまでの期間は届け出当日が1万1027人、2~7日目が4034人で99.3%は1週間以内だった。一方で、470人は死亡が確認された。

 昨年の全体の不明者は8万4850人で、16年と同数だった。12年(8万1111人)▽13年(8万3948人)▽14年(8万1193人)▽15年(8万2035人)と横ばい傾向が続いている。不明になった原因をみると、「その他」を除き、昨年初めて「認知症」が最多となった。次いで多かったのは「家庭関係」1万4846人で、「不詳」1万4268人▽「事業・職業関係」9912人▽「認知症以外の疾病」6299人--などが続いた。

 不明者全体を年代別でみると、最多は20代(1万7052人)だったが、70代(9425人)と80代以上(1万476人)は12年に比べてそれぞれ2割増、6割増となった。警察庁の担当者は「認知症の高齢者の増加を反映している」と話している。【内橋寿明】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  2. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  3. 地震 大阪府北部で震度6弱
  4. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]