メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年万博

誘致レース 外交や民間のロビー活動へ

3回目のプレゼンテーションを終えて記者団の取材に答える誘致委関係者ら=パリのOECDカンファレンスセンターで13日、津久井達撮影

 【パリ津久井達】2025年国際博覧会(万博)誘致に向けた13日のプレゼンテーションでは、日本のライバルとなるロシアとアゼルバイジャンも閣僚や著名人を起用し、自国の計画をアピールした。両国とも、万博開催を経験している日本を念頭に「初開催を」と強調。11月の開催地決定までに加盟国がそろう機会はなく、三つどもえの誘致レースは外交や民間ベースのロビー活動に移る。

 ロシアは「政府と国民が一体となって素晴らしいものになることを願っている」と万博開催が悲願であること…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです