メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年万博

誘致レース 外交や民間のロビー活動へ

3回目のプレゼンテーションを終えて記者団の取材に答える誘致委関係者ら=パリのOECDカンファレンスセンターで13日、津久井達撮影

 【パリ津久井達】2025年国際博覧会(万博)誘致に向けた13日のプレゼンテーションでは、日本のライバルとなるロシアとアゼルバイジャンも閣僚や著名人を起用し、自国の計画をアピールした。両国とも、万博開催を経験している日本を念頭に「初開催を」と強調。11月の開催地決定までに加盟国がそろう機会はなく、三つどもえの誘致レースは外交や民間ベースのロビー活動に移る。

 ロシアは「政府と国民が一体となって素晴らしいものになることを願っている」と万博開催が悲願であることを強調。スポーツ大国らしく、ロンドン五輪水泳の金メダリストらも登壇し、プレゼンに花を添えた。

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文818文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです