メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年万博

誘致レース 外交や民間のロビー活動へ

3回目のプレゼンテーションを終えて記者団の取材に答える誘致委関係者ら=パリのOECDカンファレンスセンターで13日、津久井達撮影

 【パリ津久井達】2025年国際博覧会(万博)誘致に向けた13日のプレゼンテーションでは、日本のライバルとなるロシアとアゼルバイジャンも閣僚や著名人を起用し、自国の計画をアピールした。両国とも、万博開催を経験している日本を念頭に「初開催を」と強調。11月の開催地決定までに加盟国がそろう機会はなく、三つどもえの誘致レースは外交や民間ベースのロビー活動に移る。

 ロシアは「政府と国民が一体となって素晴らしいものになることを願っている」と万博開催が悲願であること…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです