メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

LGBT理解へ法律の必要性訴え

LGBTへの「理解増進」を訴える自民党の稲田朋美衆院議員=東京都千代田区で2018年6月13日午後3時42分、藤沢美由紀撮影

 自民党と連携してLGBTなど性的少数者への「理解増進」に取り組む一般社団法人LGBT理解増進会が主催するシンポジウムが13日、東京都千代田区の経団連会館で開かれた。自民党の「性的指向・性自認に関する特命委員会」のメンバーらが登壇し、約150人の参加者を前にLGBTへの理解を促進する法律の必要性などを訴えた。

 シンポで稲田朋美衆院議員は「LGBTの問題は人権や尊厳の問題で、保守もリベラルも関係ない。五輪も控…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです