メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島・浪江

馬場町長辞職を町議会同意 体調不良で

馬場有町長

 東京電力福島第1原発事故で一時、全町避難を強いられた福島県浪江町の馬場有町長(69)が13日、町議会に辞職願を提出した。体調不良が理由で、町議会は全会一致で同意した。辞職は30日付。

     馬場町長は2007年の町長選で初当選し、現在3期目。東日本大震災と原発事故後、被災した町の現状を積極的に発信し、国や東電との交渉の先頭に立った。任期は19年12月15日までだった。

     昨年12月に入院後、公務を休みがちで、この日の町議会も欠席。辞職願で「日常生活が困難との医師の所見がまとまった」と説明した。【高橋隆輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    3. NHKドラマ ヒロイン・広瀬すずさん 北海道ロケを公開
    4. 桜桃忌 没後70年・太宰治しのぶファン 三鷹・禅林寺に
    5. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]