メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

進次郎氏動向を党内注視 政調改革などで存在感

自民党の政調改革について記者団に説明する小泉進次郎筆頭副幹事長=党本部で13日午前10時15分ごろ、松倉佑輔撮影

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が、党改革や国会改革で党内の中堅、若手議員と議論を重ね、存在感を増している。発信力に定評のある小泉氏が9月に予定される総裁選でどう動くかは関心の的。政策提言への党内の注目度は高い。

 小泉氏は13日、党政務調査会のあり方を議論する新設の改革実行本部の初会合に事務局長として出席し、IT化の必要性を訴えた。岸田文雄政調会長の諮問を受け、1日にまとめた答申をベースに、7月中旬にも成果をまとめる。

 政調改革は、党の選挙公約の評価・検証▽組織の集約や議員の専門性向上▽資料のペーパーレス化--などが…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文529文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 山陽新幹線 姫路駅で人身事故 新大阪-博多運転見合わせ
  3. 警視庁 「リアルナンパアカデミー」塾長を再逮捕
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです