大手商社

海外産豚肉をブランド化 売り込み競争激化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
伊藤忠商事はハイライフポークを使った料理を提供するレストランを東京・代官山に出店し、PRしている=東京都渋谷区で2018年2月6日午後1時0分、小川祐希撮影
伊藤忠商事はハイライフポークを使った料理を提供するレストランを東京・代官山に出店し、PRしている=東京都渋谷区で2018年2月6日午後1時0分、小川祐希撮影

エサの配合や交配を工夫 高品質で低価格

 大手商社が海外産豚肉をブランド化し、販売に力を入れている。エサの配合や交配を工夫し、品質管理も徹底することで、高い肉質と安全性を確保。国産より低価格であることも武器に、売り込みを強めている。

 伊藤忠商事は、49.9%出資するカナダのハイライフ社がマニトバ州で生産している豚肉を輸入し、関連会社のプリマハムと共に「ハイライフポーク」として展開している。3種類の豚の品種を掛け合わせた「三元豚」に、オレガノやシナモンといったハーブをエサに配合して出荷直前の2カ月間与えることで、臭みを抑え、うまみやコクを増している。

 伊藤忠はハイライフ社の社員に豚しゃぶなど日本流の食べ方を理解してもらい、薄切りにしてもおいしくて見た目もいい、日本向けの肉質を実現させた。輸入量は2013年度の2.1万トンから、17年度には4.8万トンまで増加した。

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文1041文字)

あわせて読みたい

注目の特集