メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国名

「北マケドニア」に改名 「元祖」ギリシャと合意

マケドニアの国旗を掲げて国名変更に反対する野党支持者ら=スコピエで2日、ロイター

 【ウィーン三木幸治、ブリュッセル八田浩輔】「マケドニア」という国名を巡り、27年にわたり対立を続けてきた東欧のマケドニアとギリシャは12日、国名を「北マケドニア共和国」に変更することで合意した。国名変更でギリシャが反対していたマケドニアの北大西洋条約機構(NATO)と欧州連合(EU)への加盟が大きく前進することになる。

 マケドニアは1991年に旧ユーゴスラビアから独立した際、アレキサンダー大王ゆかりの古代王国から名前を取ったが、同名の地域を持つギリシャが反発。また、元々「マケドニア」は現在のマケドニア、ブルガリア、ギリシャを含む地域の名称だったため、ギリシャは「マケドニアの国名は領土拡大の野心を示している」と非難していた。

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文751文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです