メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

与党が統一地方選で圧勝 融和ムード受け

 【ソウル堀山明子】米朝首脳会談から一夜明けた13日、韓国の統一地方選と国会議員補欠・再選挙の投票が13日行われ、開票作業が深夜まで続いた。KBSによると、北朝鮮に対する融和ムードを受け、南北対話を推進する与党「共に民主党」が広域自治体17カ所の首長選でソウル市など13カ所で当選を確実にし、圧勝した。補欠・再選挙も12選挙区のうち、与党が11議席確保する見通しだ。

 今回の選挙は、4月から2度にわたる南北首脳会談開催後、初の大型選挙。民主党は「平和の道を開く文在寅(ムン・ジェイン)政権に新しいエンジンを」▽保守野党の自由韓国党は「文政権の1党独裁を許すな」と訴え、地方選というより事実上の文政権の信任を問う構図となった。70%以上の高い支持率を保つ革新系の文政権与党が追い風を受け保守地盤を切り崩した。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文843文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです