メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友問題

「贈収賄の文脈」首相答弁矛盾では

参院予算委員会の集中審議で答弁する安倍晋三首相=国会内で2018年(平成30年)5月28日、宮武祐希撮影

 「私や妻が関係していたら首相も国会議員も辞める」。森友学園への国有地売却を巡る昨年2月の安倍晋三首相答弁。公文書の改ざんや廃棄の出発点とも指摘されてきたが、首相は今年5月に「関係する」の意味は贈収賄の文脈だったと国会で説明し、政府は今月、これを認める答弁書を閣議決定までした。でも、その説明に無理はありませんか?【宇多川はるか】

 首相は5月28日の参院予算委員会で、昨年2月の答弁は贈収賄ではないという文脈だったとし、「不正とい…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文986文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]