メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書クライシス

震災も文書名抽象化 防衛省

 防衛省が保管する公文書ファイルがインターネットで公表される目録に抽象的な名称で登録され、国民が検索しにくい状態になっている問題で、同省は内閣府の通知に反し、東日本大震災での活動に関するファイルの一部にその内容を明示する名称を付けていなかったことが明らかになった。識者は「震災の歴史を伝える貴重な記録が国民のために生かせなくなる」と指摘している。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1064文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーイング777 次期政府専用機にも選定された大型機
  2. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  3. ボーイング747 ジャンボの愛称で親しまれた大型機
  4. 群馬ヘリ墜落 115キロの急加速 通信途絶える20秒前
  5. トランプ氏 派手に見えて堅実? 専用ジェットに見る横顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです