メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博誘致

「未来の科学者魅了」山中教授がプレゼン

博覧会国際事務局の総会でスピーチする京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥氏=パリのOECDカンファレンスセンターで

 【パリ津久井達】2025年国際博覧会(万博)の開催地に立候補している日本(大阪)、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)は13日、パリで開催中の博覧会国際事務局(BIE)の総会で、11月の開催地決定を前に、事実上最後となるプレゼンテーションに臨んだ。日本は「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、ノーベル賞受賞者の京都大iPS細胞研究所長、山中伸弥教授(55)を発表者に起用し、大阪での開催を訴えた。

 山中氏は大阪出身。スピーチは英語で行われ、8歳の時に1970年の大阪万博を見学して興奮したという思…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです