メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋城

河村市長、国に方針説明 天守閣バリアフリー

 名古屋城天守閣の木造復元を巡り、名古屋市の河村たかし市長は13日、文化庁を訪れ、新天守閣にエレベーターを設置せず、新技術でバリアフリー対策を講じるという市の方針を山崎秀保文化財部長らに説明した。

     面談は非公開だったが、終了後に説明した市や同庁によると、同庁側は市に対し、バリアフリー対策について障害者団体の理解を得て丁寧に対応するよう求めた。また、復元の前提として石垣調査の着実な実施や、解体される現天守閣の価値を評価することも注文したという。

     面談後、記者団の取材に応じた河村市長は「2022年中の完成に向けてしっかりやると言ったので、理解は得られたと思う」と述べた。一方で、市の計画の妥当性を判断する同庁の復元検討委員会の開催については話題に上らなかったことを明らかにした。【道永竜命】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]