メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手・宮城内陸地震

日帰り温泉で再起 7人犠牲の旅館

客を迎える前に浴槽を洗うのが菅原昭夫さんの日課だ=宮城県栗原市で2018年6月11日、山田研撮影

 東北4県で死者17人、行方不明者6人を出した岩手・宮城内陸地震で、宿泊客や従業員、経営者家族の7人が犠牲になった旅館「駒の湯温泉」(宮城県栗原市栗駒)。主人の菅原昭夫さん(62)は奇跡的に生き残り、時を経て日帰り温泉として復活させた。14日で発生から10年。菅原さんはこの日、「今年が本当の意味でスタート」と決意し、温泉近くに建てた慰霊碑に手を合わせる。

 2008年6月14日午前8時43分ごろ、震度6強の揺れに襲われ、直後に旅館の目の前の山が崩れた。土…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文905文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです