メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博誘致

未来の若者が開く 最終プレゼン

各国のPR動画を見る学生グループ「WAKAZO」のメンバーら=大阪市北区で2018年6月13日午後7時36分、久保玲撮影

 【パリ津久井達】命輝く未来を、大阪での開催を若者に懸けてください--。2025年国際博覧会(万博)の誘致を目指し、13日に3カ国がパリで行ったプレゼンテーション。55年ぶりの大阪での万博実現を目指し、スピーチした京都大医学部5年の川竹絢子さん(23)は自分たちの世代が先頭に立つ意気込みを示した。ノーベル賞受賞者の京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授も「生命の神秘」を巡るスピーチで大阪での開催に熱い思いを届けた。

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1570文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです