メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪万博誘致

パリで最終プレゼン 山中教授スピーチ全文

 2025年国際博覧会(万博)の誘致を目指し、13日に3カ国がパリで行った事実上最後となるプレゼンテーション。55年ぶりの大阪での万博実現を目指し、ノーベル賞受賞者の京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授も「生命の神秘」を巡るスピーチで大阪での開催に熱い思いを届けた。

 議長、事務局長、各国代表、ご来賓、ご列席の皆さま、こんにちは、山中伸弥と申します。

 大阪で、もう少し広く申します場合の関西で、わたくしは生まれ、そして育ちました。いまも暮らして、働い…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1594文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに
  4. 小6の11歳長男をトンカチで殴る 38歳母を殺人未遂容疑で逮捕 埼玉
  5. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです