メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

「人生で一番飛んだ打球」ソフトバンク・市川

五回裏ソフトバンク1死一塁、市川が左越えに逆転2ランを放つ=共同

 ○ソフトバンク4-2巨人●(13日・ヤフオクドーム)

     打った本人が一番驚いた特大の一発だった。1点を追う五回1死一塁、ソフトバンクの8番・市川が逆転の左越え2ラン。「人生で一番飛んだ打球。打撃練習でしか打てないです」と笑いが止まらなかった。

     ダッグアウトで「一発かっ飛ばしてこい」と工藤監督に発破を掛けられた。初球の狙いを直球に絞り、真ん中低めの144キロの直球を迷いなく振り抜くと、確信したようにバットを放り投げた。左翼席中段にアーチを架けてみせた。

     プロ入り後3年間過ごした巨人に対し、攻守で強烈な恩返しとなった。当時は出場機会に恵まれなかった。「苦しいことばっかりだったけれどそれが今に生きた」。日本ハムを経て今年4月にソフトバンクに移籍し、大胆な配球を持ち味にして出場回数を増やした。この日も立ち上がりの制球に苦しむ先発・摂津を好リード。一回2死一、二塁のピンチでは、阿部を「一発勝負で行った」と内角直球で遊飛に仕留め、流れを作った。

     得意の交流戦で波に乗り切れないチームは、今宮が右肘痛で登録抹消されるなど苦境が続く。伏兵の殊勲打に、観戦した後藤球団社長は「取ったかいがあったね」。33歳のいぶし銀がチームを上昇気流に乗せるかもしれない。【生野貴紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
    4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
    5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]