メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(19)大人気!「トランプ大統領ツイッター図書館」

テレビ番組の企画展「トランプ大統領ツイッター図書館」の入場を待つ人々=米カリフォルニア州ウエストハリウッドで2018年6月8日、ルーベン・モナストラ撮影

 「ソーシャルメディアを使う私は大統領らしくないというが、現代の大統領にふさわしい」(2017年7月1日のトランプ米大統領のツイート)

 主要メディアを「フェイク(偽)ニュース」と呼び、気に入らない相手を容赦なく攻撃する。ツイッターで世界を(翻弄(ほん・ろう))するトランプ氏の投稿から厳選したツイートを集めた企画展「トランプ大統領ツイッター図書館」が6月8日、米西部カリフォルニア州ウエストハリウッドにオープンした。17日までの期間限定。昨年6月のニューヨークを皮切りにシカゴ、サンフランシスコを回り、4カ所目だ。ニューヨークでは数時間待ちの行列ができたという人気の展示を見に行ってみた。

 政治風刺で人気のコメディーテレビ番組「デーリーショー」が企画した。場所は映画の都ハリウッドと高級住宅地ビバリーヒルズの中間のおしゃれなエリアにある。入り口を入るとすぐに趣旨が書かれていた。

この記事は有料記事です。

残り2132文字(全文2521文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです