メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

大阪の味噌屋『天満屋』が前身、4代続く老舗。赤坂で松茸専門店として開業

情報提供:まとメシ

赤坂 松葉屋(和食/赤坂)|大阪・梅田の味噌屋『天満屋』を前身として創業し、4代続く老舗。1976年にここ赤坂で松茸専門店として開業した。

赤坂 松葉屋(最寄駅:赤坂駅)

存在感のある松茸たっぷりのご飯がランチはおかわり自由! 現在の店舗は、料亭だった建物の趣を残したままリニューアルした贅沢な空間。夜は飛騨牛などを使った「松茸づくし会席」が7560円(サ別)~があるが、ランチなら大きくカットされた松茸がたっぷり入った炊き込みご飯がおかわり自由! 鯛をベースにコンブとカツオ少々を利かせたダシで炊いた松茸ご飯。鶏そぼろと油揚げでコクを足している。予約で席が埋まってしまうことも多いので注意。

黒毛和牛すき焼き御膳(100g) 2160円

一頭買いした黒毛和牛を使用したすき焼き。柔らかで脂のりのいい肩ロースにすっきりめの割下が抜群。小鉢や付け合わせ類などは日替わり。入口では、このゴボウの牛肉巻きのほか、鯛茶漬けなどの加工品を購入できる

三元豚ロース西京焼御膳 1620円

元・味噌屋のプライドを誇るしっとりジューシーな西京漬焼。限定10食の御膳

お店からの一言

店主 宮南 譲さん

「特殊な冷凍技術で一年中美味しい松茸ご飯をどうぞ」

赤坂 松葉屋

[住所]東京都港区赤坂3-13-16 [TEL]03-3583-9595 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~22時(20時最終入店)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]84席/(昼)全席禁煙、(夜)個室のみ喫煙可/予約可/カード可/夜のみサ10%、夜・単品のみお通し代864円別 [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩1分

電話番号 03-3583-9595
2017年12月号発売時点の情報です。

関連記事

京都の味を荒木町で堪能|宮わき(和食/四谷三丁目)
焼肉ホルモン 青一|西日本随一の産地から直送極上牛肉に負けない米の甘みと香り(焼肉/青山一丁目)
南渋谷 なみの上(和食/渋谷)|「居酒屋以上割烹未満」を標榜する渋谷の和食店。
三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。
AKOMEYA厨房|毎朝店で精米したブランド米が付く彩り鮮やかな昼セット(和食/銀座)


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです