メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮を中目黒で|朝松庵(そば/中目黒)

情報提供:まとメシ

「小学生の頃から、いつも祖父のカレー粉作りに呼ばれて手伝ってました」という4代目の角田米子さん。明治41年に、祖父が大阪で売り出したカレー南蛮の作り方を今も忠実に守っている。

朝松庵(最寄駅:中目黒駅)

一子相伝の大切な味を生きている限り 材料を測るのもなんとすべて尺貫法だとか。黄色みがかったとろとろのカレーは、子供のファンも多いというやさしい口当たり。あとからじわじわ広がる辛みもほどよい。

カレー南蛮 700円

朝松庵

[住所]東京都目黒区上目黒2-42-12 [TEL]03-3712-1807 [営業時間]11時半~15時、17時~20時半 ※ランチタイム有 [休日]火 [席]26席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急東横線ほか中目黒駅東口から徒歩7分

電話番号 03-3712-1807
2017年12月号発売時点の情報です。

関連記事

泰明庵(そば/銀座)|セリの爽快な食感が濃厚な味わいを引き締める
新橋で本物をとことん追求した斬新なカレー南蛮|新橋てんか(そば/新橋)
恵比寿で常識にとらわれない新機軸な蕎麦!カルボナーラ蕎麦が美味!
green glass(そば/中井)|産地で変わる蕎麦を利き、酒と料理を味わう
吉祥寺の住宅街に佇む一軒家のお忍び蕎麦居酒屋


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]