メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

稲垣吾郎、香取慎吾が“人生初”プレゼンに込めた想い「未来を否定することは誰にもできない」

情報提供:ORICON NEWS

WEB動画で“人生初”の本格プレゼンを披露する稲垣吾郎と香取慎吾
 俳優の稲垣吾郎、香取慎吾が出演するサントリーのWEB動画『プレゼンムービー Dr. GORO』『同 Dr. SHINGO』が本日14日、特設サイトで公開された。昨今注目を浴びている透明飲料について香取は「世界を変えるものは最初はへんてこなもの。未来を否定することはできない」とコメント。そして稲垣は、「個性を尊重することが大事。多様性を認めよう」と熱く語っている。

【写真】未来を変えるのは“へんてこなもの” 稲垣、香取も驚いた透明なビールテイスト飲料

 本動画は、稲垣と香取がそれぞれ「Dr. GORO」「Dr. SHINGO」という謎の発明家に扮して登場。会場に駆けつけた大勢の観客に対して、ペットボトル入りの透明なノンアルコールビールテイスト飲料『オールフリー オールタイム』のプレゼンテーションを行うという内容だ。

 プレゼンのトップバッターを務めた稲垣は、ボディランゲージを交えながら、時にはクールに時には熱く、メリハリをつけて語りかける姿は発明家の雰囲気そのもの。撮影の舞台裏では、プレゼンもリテイクを重ねる毎に洗練され、飲んだ直後、「おお、これうまいね!すっごいうまい!」と急に砕けた口調になったかと思えば、今度は観客の反応に気を良くして、立て続けに2杯目を飲むといったアドリブも披露し会場を盛り上げた。インテリジェンスな“稲垣らしさ”が垣間見えるスピーチやパフォーマンスには、観客だけでなく、周りのスタッフもグイグイ引き込まれていた。

 続いて、稲垣と交代しステージ中央にスタンバイした香取。稲垣のプレゼンに触発されてか、ファーストカットから完璧なプレゼンを見せた。さらに、撮影中は観客に受けたオーバーアクションを繰り返したりアドリブを加えたりと、香取らしい“遊び心”を随所で披露。途中、セリフを噛んでしまった時も「滑舌が良くなかったので、もう一度言います!」と、失敗を笑いに変える巧みな話術と抜群のリカバリーを見せていた。

 そんな、二人の“熱烈プレゼンテーション”を観られるWEB動画は、本日14日から特設サイトで公開中。


情報提供:ORICON NEWS

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
  4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
  5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]