メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大泉洋

家訓は「食べて判断」? 映画「焼肉ドラゴン」ヒット祈願(スポニチ)

 大泉洋(45)が13日、東京・神楽坂の赤城神社で出演映画「焼肉ドラゴン」(監督鄭義信、22日公開)のヒット祈願を行った。

 家族の絆や人情を描いた物語。劇中にさまざまな家訓が登場することにちなみ、家族の家訓を登壇者が明かした。大泉は「食べられるか食べられないかは、食べて判断しろ。賞味期限に踊らされるな」という父の教えを披露。だが監督に「それは家訓とは言わないよ」とツッコまれ苦笑した。

 主演の真木よう子(35)らも出席した。(スポニチ)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]