連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

安倍内閣で政策主導の経産省 「我が世の春」に陰り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
官邸スタッフとして安倍晋三首相を支えてきた経産省出身の官僚。左端が政務担当の今井尚哉・首相秘書官。(前列左から)柳瀬唯夫・元首相秘書官、藤原豊・元内閣府審議官、佐伯耕三・首相秘書官
官邸スタッフとして安倍晋三首相を支えてきた経産省出身の官僚。左端が政務担当の今井尚哉・首相秘書官。(前列左から)柳瀬唯夫・元首相秘書官、藤原豊・元内閣府審議官、佐伯耕三・首相秘書官

 経済産業省は、首相官邸や内閣府の重要ポジションに人材を送り込み、政策を主導して、安倍晋三内閣で「我が世の春」を謳歌(おうか)してきた。だが、満ちた月がいつかは欠けるように、加計(かけ)学園問題で潮目が変わった。経産省の天下はこのまま続くのか。【奥村隆】

 政財界は、第2次安倍内閣以降のことを「経産省内閣」とも呼ぶ。中でも安倍首相の最側近で「影の首相」とささやかれるのが、政務担当の今井尚哉(たかや)・首相秘書官だ。同省で産業政策・エネルギー畑を歩んだキャリア官僚で、資源エネルギー庁次長も務めた。今井敬・元経団連会長と今井善衛・元通産事務次官のおいにあたる「血筋の良さ」も武器と見られている。

 今井氏は、第1次安倍内閣で内閣官房に出向し、事務担当の首相秘書官に。2012年12月に自民党が政権を奪還すると、第2次安倍内閣で政務担当の秘書官に就いた。国会対策にも関わる職務のため、議員時代からの秘書が就任するケースが多く、官僚の登用は異例だ。いったいどんな人物なのか。

この記事は有料記事です。

残り3296文字(全文3730文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集