メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子宮頸がんワクチン

原告団「治療法確立を」 接種勧奨中止5年

 子宮頸(けい)がんなどを予防するHPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチンの積極的な接種呼びかけが中止されて5年となった14日、接種後の健康被害を訴えて国や製薬会社に損害賠償を求めている原告団らが、東京都内で記者会見した。

 運動障害や体の痛みは続いており「元の体に戻してほしい」と診療体制の充実を求め…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです