メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

探検家・高畑利宜展

北海道開拓の足跡紹介 あすから滝川市美術自然史館 /北海道

 北海道開拓のため滝川市に永住した京都出身の探検家、高畑利宜(としよし)(1841~1922年)の足跡を紹介する展示会「イシカリ探検とアイヌ美術の世界」が16日、同市美術自然史館で始まる。8月26日まで。

 京都の彫刻師の長男。倒幕運動に参画し政界に人脈を得て1871年3月、北海道入りした。初代北海道長官の岩村通俊の下、アイヌに先導されて主に道内をくまなく探検し、地場産業を興す可能性を探った。76年には長官に随行し、歌志内で露頭石炭を掘り出した。閣僚を務めた榎本武揚とも接点があった。

 後に軍都として発展する旭川と、開拓に囚人の労働力を提供した空知集治監(現在の三笠市)を結ぶ拠点とし…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです