メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「不妊手術」3施設で94人 元職員、付き添い証言 県「複数児童、同時期に」 /山形

 旧優生保護法(1948~96年)をめぐり、県立知的障害者3施設での強制不妊手術の実態を調査していた県は14日、94人に「優生手術」が行われていたことを示す資料が見つかったと公表した。県は今年4月までに県内で31人が同手術を受けていたと発表していたが、重複分を除くと計114人となった。県は病院や学校など県立15施設の調査も進めており、鶴岡市の精神科病院では27人に同手術が行われた可能性が高いとする文書も見つかっている。国は行政機関が保存する文書について今月29日までに報告を求めているが、県は今回を含む調査結果について「報告様式は決まっていないが国に報告したい」とした。【二村祐士朗、的野暁】

 県健康福祉部によると、調査した3施設は鳥海学園(遊佐町)、最上学園(新庄市)、やまなみ学園(長井市…

この記事は有料記事です。

残り1144文字(全文1492文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです