メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 笠間日動美術館(茨城県笠間市) 画家のパレットずらり /東京

 笠間城跡のふもとの竹林に囲まれた丘陵地に三つの展示館が建ち、その中央に多くの彫刻を展示する野外彫刻庭園が広がる。

     東京・銀座の日動画廊創設者の長谷川仁が1972年、故郷の地に開館した。モネやルノワール、ゴッホなど印象派からエコール・ド・パリ(パリ派)の巨匠たちの絵画を展示する「フランス館」と、ピカソやシャガール、岸田劉生など国内外の美術の流れを紹介してきた「企画展示館」では、日動ならではの名品が鑑賞できる。

     ここでしか見られないコレクションを展示しているのが「パレット館」だ。

     長谷川と交流のあった画家や有名画家が愛用したパレット約350点があり、その多くが壁一面にずらりと並べられている。長谷川が、近代のフランス人画家ユトリロが画商に送ったというパレットを見た際、資料や美術としての価値を見いだし、67年以降、収集してきたという。

     アンティーク人形やデッサン、長谷川家伝来の漆器やたんすなどのコレクションも随所で展示。企画展示館3階「カフェ・ド・ローヴ」は景色を眺めながらお茶を楽しめる。

     7月29日まで企画展示館で、台湾などで暮らす猫のほのぼのとした表情やポーズを切り取った写真展「ねこ写真家 関由香 15周年記念 ~台湾 ねこうらら~」を開催中。【馬渕晶子】

      ◇ ◇ ◇ 

     茨城県笠間市笠間978の4。0296・72・2160。JR笠間駅から徒歩約20分、または友部駅からかさま観光周遊バス約15分。月曜休館(祝日は開館し、翌日休館)。


    プレゼント

     「台湾 ねこうらら」を開催する7月29日まで有効の入館招待券を10組20人に。はがきに〒住所、氏名、「笠間日動美術館希望」を明記し、〒100-8051、毎日新聞「地方部美術館」係へ。6月21日必着。発送をもって当選発表に代えます。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]