メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ■書物工芸--柳宗悦の蒐集と創造

 7月3日~9月2日、10~17時(金曜は19時まで)、日本民藝館(目黒区・京王駒場東大前駅)。同館を設立した思想家、柳宗悦(やなぎ・むねよし、1889~1961年)。柳は書物も工芸の一分野と位置づけ、古典籍も多く収集した。同展では、柳のコレクションの中から、室町から江戸時代の挿絵本と浄土教の聖教を中心に展示。海外の貴重本や、柳が装丁に関わった書物も紹介する。一般1100円、大学・高校生600円、小中学生200円。休館日は月曜(祝日の場合は開館し、翌日休館)。03・3467・4527

 ■コレクション展 絵ってとまっているのかな?

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  2. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出
  5. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです