メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の8

角が安定 観戦記・関浩

 図で[後]9八飛は[先]8八金。[後]7八飛も[先]6九玉[後]9八飛成[先]8八金で戦果はない。後手は[後]9九竜(または飛成)と逃げるよりなく、身動きがつかないどころか捕獲の危難を招く。

 とはいえ、手をこまねいてもいられない。先手には[先]4六歩~[先]4五歩の自然な攻めがあり、対策を講じる必要がある。

 羽生は[後]1五歩と突いて角を追ったが、続く[後]7四歩には疑問符がついた。代わりに角の退路を断つ…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文660文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  2. ORICON NEWS 博多華丸・大吉、芸歴28年で初ANN 念願成就に喜び「まさか現実になるなんて…」
  3. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  4. 安田純平さん 解放の情報 シリアで3年間行方不明
  5. 安田さん解放 妻のMyuさん「よく頑張ったね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです