メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦七番勝負 佐藤天彦名人-挑戦者・羽生善治竜王 第4局の8

角が安定 観戦記・関浩

 図で[後]9八飛は[先]8八金。[後]7八飛も[先]6九玉[後]9八飛成[先]8八金で戦果はない。後手は[後]9九竜(または飛成)と逃げるよりなく、身動きがつかないどころか捕獲の危難を招く。

     とはいえ、手をこまねいてもいられない。先手には[先]4六歩~[先]4五歩の自然な攻めがあり、対策を講じる必要がある。

     羽生は[後]1五歩と突いて角を追ったが、続く[後]7四歩には疑問符がついた。代わりに角の退路を断つ[後]4五歩が勝った。

     感想戦で珍しい光景が見られた。[後]4五歩の代案を示された佐藤が、フリーズしたかのように固まってしまったのだ。

     普通、待ったが利く感想戦では、自由闊達(かったつ)な意見交換が交わされる。ダメなら元の局面に戻り、いくらでも検討をやり直せる。なのに佐藤は2、3分、うなるばかりで盤上に手を伸ばすことをしなかった。それだけ対応が難しかったのだろう。

     例えば[先]4五同桂なら[後]3三桂とぶつけてどうか。以下[先]同桂成[後]同金[先]5六角[後]6四桂[先]6五角[後]7四銀。後手には飛車を手持ちにしている優位性があり、激しい戦いは望むところだ。

     本日終了図の[先]5六角は、翌朝に開封された封じ手である。不安定だった角が生還し、佐藤は内心、胸をなで下ろしていたかもしれない。

      ---       [後]1五歩 5

     [先]3四角  1 ?[後]7四歩 1

     [先]8八金 10  [後]3三金 2

     [先]5六角 56

     (◎好手 ×悪手 ?疑問 ▽作戦 !勝負手)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
    2. 警視庁 コインロッカーに乳児遺棄容疑 25歳女逮捕
    3. 4歳児死亡 殺人容疑で父親逮捕 引き出しに閉じ込め
    4. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
    5. 目黒虐待死 被害女児、大学ノートに「反省文」 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]