医療事故

投与ミスで男性死亡 抗がん剤、データ記録せず がんセンター /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県立静岡がんセンターは14日に記者会見し、抗がん剤の投与ミスで昨年9月に県東部に住む60代の男性が死亡する医療事故があったと発表した。抗がん剤の副作用で肝機能が低下していたのにも関わらず、担当医が投与を続けたのが原因。抗がん剤投与のチェック体制を強化する再発防止策をとった。

 センターによると、男性は直腸がんが肝臓に転移した末期患者で、昨年7月中旬から内服の抗がん剤治療を通院しながら受けた。この抗がん剤は肝機能障害の…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集