メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「空飛ぶタイヤ」 同志の存在こそ希望 /愛知

 意外にも、池井戸潤さんの小説が映画化されたのはこれが初めてだ。「半沢直樹」や「花咲舞が黙ってない」「陸王」など、話題を呼んだ作品は全てテレビの連続ドラマだった。「空飛ぶタイヤ」は直木賞の候補作となり、「この物語から“ひとを描く”という小説の根幹を学んだ」と著者が思い入れた長編。劇場で2時間、ノンストップで物語に入り込んでほしい。

 走行中のトラックから突然はずれた大型タイヤが、幼児を連れて歩道を歩いていた母親を直撃し、尊い命を奪…

この記事は有料記事です。

残り746文字(全文962文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです