メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018知事選

候補者アンケート/1 ダムと治水 /滋賀

建設が凍結されている大戸川ダムの予定地=大津市で、本社ヘリから加古信志撮影

 (届け出順)

 Q 嘉田由紀子前知事は「ダムだけに頼らない治水」を掲げましたが、ダムや治水対策について今後のあり方はどうすべきだと思いますか。

大戸川ダム中止を 近藤学氏(68)=無新

A 「4府県知事合意」の「大戸川ダム凍結」を一歩すすめて、大戸川ダムはきっぱり中止し、「ダムだけに頼らない治水」路線を推進します。流域治水推進条例に基づいて、堤防強化、河川改修、流域対策などを計画的にすすめるとともに、同条例は、ダムに頼らない治水方針として明確に改定します。過大な降雨確率を見直し、家屋の洪水対策などは関係地域住民に十分に説明し、合意形成をはかって、流域治水の方針を貫きます。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1215文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  2. 日産3社連合 不当干渉あればルノー株… 鍵握る基本協定
  3. スプレー缶「ガス抜きせず」廃棄呼びかけ 事業系に求められる「ガス抜き」
  4. 日産、ルノーがトップ会談か オランダで
  5. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです