メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

部活動

香芝市教委・県教委、有力校教員の勤務実態調査 今夏から、負担軽減目指し /奈良

 部活動の指導などで労働時間が長くなっている教員の負担軽減を図ろうと、香芝市教委と県教委は今夏から、部活動に力を入れる学校の教員を対象にした実態調査を始める。市立香芝中学(教職員41人、生徒609人)を指定校として、出退勤システムの導入による労働時間の把握や部活動の休養日拡大による影響などを調べる。将来的には事務作業の廃止や合理化などで業務軽減にもつなげていく。【稲生陽】

 政府の働き方改革の一環で、県教委が今年度から3年間かけて調べる。同市は6月補正予算案に、関連事業費…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです