メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光バブル

晴れの国からの報告/1 赤磐 グリーンタウン殿谷 反射や炎熱、住民悲鳴 /岡山

住宅への反射光を考慮せずに設置された太陽光パネル。法律で義務付けられているフェンスも設置されていない=岡山県赤磐市桜が丘東1で、高橋祐貴撮影

ブーム過熱 「我が家」の隣にパネル

 自然が豊かで、丘陵地からの眺めが美しい赤磐市の住宅地「グリーンタウン殿谷」。1980年代のバブル崩壊前に開発が始まった住宅地だが、売れ残って半分以上の区画が空き地だ。そこに数年前から、太陽光パネルが設置されるようになった。住宅41区画に対し、太陽光パネルがあるのは61区画に上る。

 「家の中なのに、手で反射光を遮ったりしながら歩かないといけない」

この記事は有料記事です。

残り1432文字(全文1623文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  4. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

  5. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです