四国八十八景

出そろう 「本楽寺」や「竹ケ島」など、66カ所追加 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
四国八十八景に選ばれた「本楽寺の枯山水と雄大な吉野川のコラボレーション」(徳島県美馬市)=同実行委提供
四国八十八景に選ばれた「本楽寺の枯山水と雄大な吉野川のコラボレーション」(徳島県美馬市)=同実行委提供

 四国らしい風景を遍路にちなんで88カ所選ぶ「四国八十八景」の実行委(委員長=千葉昭・四国経済連合会長)が14日、高松市内であった。新たに66カ所を選定、応募した一部のNPOなどに選定証を贈った。実行委は昨年3月に22カ所を選んでおり、今回と合わせ88カ所がそろった。観光客らがそれぞれの好みに合わせ、旅先を決める参考となりそうだ。【植松晃一】

 88カ所の内訳は、徳島県21カ所(今回選定16カ所)▽高知県20カ所(同17カ所)▽愛媛県24カ所(同19カ所)▽香川県21カ所(同13カ所)▽複数県にまたがる風景2カ所(同1カ所)。今回は市町村や民間企業、NPOなどから334カ所の応募があり、眺められる場所の有無や訪れやすさといった観点から選んだ。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文987文字)

あわせて読みたい

注目の特集