メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

四国八十八景

出そろう 「本楽寺」や「竹ケ島」など、66カ所追加 /徳島

四国八十八景に選ばれた「本楽寺の枯山水と雄大な吉野川のコラボレーション」(徳島県美馬市)=同実行委提供

 四国らしい風景を遍路にちなんで88カ所選ぶ「四国八十八景」の実行委(委員長=千葉昭・四国経済連合会長)が14日、高松市内であった。新たに66カ所を選定、応募した一部のNPOなどに選定証を贈った。実行委は昨年3月に22カ所を選んでおり、今回と合わせ88カ所がそろった。観光客らがそれぞれの好みに合わせ、旅先を決める参考となりそうだ。【植松晃一】

 88カ所の内訳は、徳島県21カ所(今回選定16カ所)▽高知県20カ所(同17カ所)▽愛媛県24カ所…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文987文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです