メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワンストップ支援センター

性暴力被害者の負担軽減 鹿児島市で拠点施設スタート 熊本、宮崎でも整備進む /宮崎

一つの窓口で総合支援

 性暴力の被害者が専門機関に相談する際、治療や支援などそれぞれの窓口で何度も被害を説明することが大きな負担になるため、一つの窓口への相談で総合支援が受けられるサポート拠点「ワンストップ支援センター」が全国で広がりつつある。今月8日には鹿児島市で性暴力被害者サポートネットワークかごしま「フラワー」の拠点が新設され、熊本、宮崎でも整備が進む。【菅野蘭】

 同市のかごしま犯罪被害者支援センター内にできた「フラワー」の拠点施設は、性暴力被害者支援の研修を受けた臨床心理士や大学講師など専門のコーディネーター5人が常駐。相談員と共に医療への橋渡しや裁判時の付き添いなどさまざまな支援に応じる。

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです