メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

南さつま市長選 市長告訴、不起訴処分 検察審「不起訴不当」 /鹿児島

 昨年11月の鹿児島県南さつま市長選を巡り、落選した旧笠沙町(現南さつま市)長の中尾昌作氏(64)が、公選法違反(虚偽事項公表)などの疑いで現職の本坊輝雄市長(62)を告訴し、鹿児島地検が不起訴処分とした後、鹿児島検察審査会が不起訴不当と議決していたことが14日、分かった。

 中尾氏によると、本坊氏側が配布した選挙ビラの一部に、旧笠沙町で2005年1月に取り…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです