メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

米朝会談の余波/2 経済発展へ「満点」の収穫 北朝鮮、制裁解除に向け優位

金正恩朝鮮労働党委員長が夜景を眺めた「マリーナベイ・サンズ」の展望デッキ=シンガポールで2018年6月13日、武内彩撮影

 地上56階の展望デッキに上がると、眼前に貿易都市の夜景が広がる。高層ビル群のネオン、テーマパークに施されたライトアップ、海上に浮かぶ船の明かり……。「聞いていた通り、きれいで美しく、建物ごとに特色がある」。こんな感想を語ったのが、他ならぬ北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長だった。トランプ米大統領との首脳会談を翌日に控えた11日夜、この複合リゾート施設「マリーナベイ・サンズ」を訪ねた。

 ここは韓国の建設会社が施工し、トランプ氏を支持する米国のカジノ王、シェルドン・アデルソン氏が保有する。金委員長は珍しい植物を集めた「フラワードーム」や観光名所「マーライオン」近くのジュビリー橋にも足を延ばした。

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1368文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  2. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 東京23区封鎖と全員PCR検査を

  5. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです