メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

福島第2原発廃炉へ 東電、現実路線に転換 再稼働、地元反発根強く

東京電力福島第2原発=福島県上空で2018年6月14日午後1時29分、本社ヘリから

 東京電力ホールディングス(HD)が14日、福島第2原発の廃炉方針を表明したのは、地元の反発が根強く、安全対策を施しても再稼働は困難と判断したためだ。廃炉しやすい制度が整ってきたこともあり、東電はようやく現実路線にかじを切った。しかし、原発事故から7年余りが経過し、地元からは「決断が遅すぎる」と不満の声が漏れる。廃炉の具体的なスケジュールなども固まっておらず、課題は山積している。

 「(第2原発の扱いを)曖昧にすることは復興の足かせになる。これ以上引き延ばすことはできないと判断し…

この記事は有料記事です。

残り2008文字(全文2249文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです